目次

フィナステリドは使い続けないと意味が無い

フィナステリドはAGA治療に使用される医薬品の成分で、進行性の薄毛を抑える効果があります。
AGAは男性型脱毛症とも呼び、頭頂部や前頭部の生え際、またはその両方の毛が抜けていく症状で、原因は頭部に高密度で見られるDHTと呼ばれる悪性の男性ホルモンとされています。
DHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成され、毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体と結合することでヘアサイクルを狂わせます。
フィナステリドはDHTが生成される物質のひとつである5α還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制して乱れたヘアサイクルを正常に戻し、薄毛の進行を食い止めるという仕組みになります。
フィナステリド製剤を使用してAGAの治療をすると、すぐに効果は現れず、少なくとも6ヶ月は継続する必要があります。
いくら原因物質を抑えるからといっても、いきなり薄毛の進行を止めて、髪の毛が生えてくるわけではないので注意しましょう。
効果が現れるのはおよそ3ヶ月あたりで、この時点で脱毛が無くなっていくのを確認でき、6ヶ月から12ヶ月の間で目に見えて効果が現れてきます。
人によっては1~3年はかかることもあるので、気長に続けていくことが大切だとされます。
また、原因物質を抑えてもその分泌を止めているわけではないので、ある程度の効果が見られてからフィナステリドを突然止めると、リバウンドするように再び毛が抜けることがあります。
AGA治療をどこの時点で終了するかは、個々人の満足感などで変わりますが、突然使用を中止すると急速に脱毛が始まり元の状態に戻ってしまうので、少しずつ様子を見ながら飲む頻度を下げるようにしていかなくてはいけません。