目次

心臓を気にする必要もあるAGA治療の時代に突入した

心臓と心電図

基本的なAGA治療とは、内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルになります。プロペシアは1日1回服用し、ミノキシジルは気になる頭皮に1日2回塗布する医薬品です。
この治療のかたちがAGA治療の基本になっていますが、新しいAGA治療の時代に突入しています。そしてその治療は心臓を気にするものになり、リスクとともに薄毛治療をもたらす時代になりました。その治療薬というのは、ミノキシジルタブレットです。
飲むミノキシジルになります。医薬品は外用薬よりも、内服薬の方が効果がでやすい特徴を持っています。よって外用薬であるミノキシジルを服用することで、一層効果を高めようとする治療薬になります。
最近はこの方法で治療を行っており、AGAの新時代へと突入したことになります。効果は一層強くなりましたが、その分副作用も強くなっています。特に心臓に負担がかかることが多いという報告があります。
服用した人は、動悸を訴える人も多く、心臓に負担がかかっていることがわかるでしょう。また全身のムダ毛が増えるという報告も多く、処理が必要になるレベルの人もいるほど、強い医薬品であることが証明されています。
このミノキシジルタブレットは、AGA治療薬として認められているものではありません。すべて自己判断として服用することになります。
AGA専門の一部のクリニックで、独自の医薬品と評して、プロペシアとミノキシジルと頭髪に効果があるとされるサプリメントが入った医薬品を処方していることもありますが、ミノキシジルタブレットを服用している人のほとんどが個人輸入代行業者を通して購入しています。すべて自己責任になりますので、その覚悟を持って服用するようにしてください。